交通事故の慰謝料は正しく算出しましょう

交通事故による慰謝料とは、事故によって被った怪我や精神的苦痛に伴う金銭のことです。一度、交通事故に遭遇すると、怪我の度合いにもよりますが、通院や入院が必要になります。また後遺症に伴って必要となる整骨院などの施術費用も含まれます。それに加えて、精神的なショックやそれにともなう弊害においても発生する場合があります。

通常は義務である自賠責保険が適用され、全治療期間日数や実通院日数によってその金額は1日あたり、4,200円と算出されてます。しかし、状況によっては自賠責保険では賄いきれない場合があるため、その際は任意の保険を利用することになります。保険会社を介して慰謝料を算出し支払いをします。また、任意保険でも相手側に不服があり、交渉が決裂した場合には、弁護士などに依頼して、調停で慰謝料を決定する場合もあります。

交通事故は一度発生してしまうと、被害者側も加害者側も多大な損害と精神的苦痛が伴うものだということが解ります。慰謝料は罪のない加害者を守るためにも必要な支払いといえるでしょう。また、保険会社を介することで、慰謝料が低く設定される場合もあるため、適切な判断が必要となります。万が一問題が生じたり、うまくいかないことがあったら、弁護士を介することで、スムーズな交渉が行われます。

最近では着手金が無料の弁護士事務所もあるため、安心して相談をすることができます。正しい知識をもつことで、加害者側も被害者側も気持ちよく処理することができるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*