交通事故の被害者が死亡した時の慰謝料について

交通事故が発生したときには、精神的な苦痛の補償として慰謝料を受け取る権利があります。交通事故によって被害者が死亡してしまったときには、遺族が受け取る権利のある慰謝料の種類には、被害者固有のものと近親者のもの2種類があります。慰謝料については精神的な部分に関して生じた損害を賠償するものとなりますので、交通事故の被害者ごとに算出が異なると感じる人もいるかも知れません。ただし、ひとりひとりの状況に応じて算出される金額について、異なる判断を行うことは困難です。

そのような混乱が生じないためにも、交通事故の慰謝料については基準があって、自賠責保険の基準と裁判所が採用している基準、任意保険が採用している基準の2種類が存在しています。自賠責保険の基準では、死亡した方への慰謝料は350万円となっています。被害者が死亡したときには、親族についても精神的な苦痛を受けることになりますので、近親者も請求する権利があります。自賠責保険の基準では、請求ができる親族は被害者の父母や子、配偶者に限られており、請求する人が1人であれば550万円、2人の場合には650万円、3人以上の場合には750万円と決められています。

加害者が加入している保険会社の担当者と最終的な金額については、交渉をすることで決定することになりますが、どうしても金額に納得できないときには交通事故問題について精通している弁護士に依頼することで、適切な交渉をしてもらうことが可能になります。広島の債務整理の弁護士のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*