交通事故による慰謝料はどういって決めるの

交通事故を起こした場合、例えば、物損事故や死亡事故、後遺症など、いろいろあります。交通事故の慰謝料にはそれぞれの場合による計算方法がありますので、その計算によって支払われます。お互いが適当に慰謝料を決めてしまうと、さらに金額を要求する場合があり、大変面倒しい事態に堕ちいることも珍しくありません。もし、請求となった場合には、まず事故現場の実況見分を残すために警察に連絡します。

この実況見分が裁判などの判決の決めてになります。実況見分が終わりましたら、それぞれの保険会社に連絡します。すべての保険会社が24時間対応ですので安心です。慰謝料を請求するとなると、保険会社の方で弁護士を通して計算をしてくれます。

この点で留意してほしいのは、弁護士を通すことです。請求には、弁護士の確認印があるからです。その後、弁護士の印についた慰謝料書類が被害者本人へ送られてきます。あくまでもお互いの主張が認められて手続きがスムーズに進んだ場合ですので、もし裁判となると、早くて半年~1年はかかり、下手すると数年は当たり前です。

このように交通事故による慰謝料は複雑な過程を経て出来があがってきます。またこの料には、入院や通院の料金、後遺症や障害の料金と2つに大きくわかれていますので、どちらを選ぶかは、医師の判断にゆだねられます。病院は必要なくても、請求したい場合には、弁護士の見解になりますので、簡単に短時間で解決するようなものではないことを留意してください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*