慰謝料の相場は交通事故のどの部分で決まるのか

法律的に言えば、慰謝料に関する請求額の限界は第三者が勝手に決めて良いものではありません。それにも関わらず、実際に示談交渉の場所や一般論ではいかにも慰謝料の相場があるように解釈されています。なぜこのような誤った解釈がまかり通っているのでしょうか。交通事故の慰謝料の請求金額に限界がないのは、実際に当事者となって請求すれば一目瞭然でわかります。

請求金額は、交通事故のあらゆる部分を加味して計算されることになるため本来ならば一律にいくらかを示談金として提示することは不可能なのです。では、なぜこのように相場が決まっているのかというと民事的な慰謝料請求の現場では案件ごとに大きなバラツキが生じてはいけないという慣例的な側面が存在するのです。例えば、過去の判例によって交通事故の請求金額が500万円と決まった場合には、将来で同じような事故が合ったときにこの事例が参考にされるのです。本来ならばこのようなものを参考にせずともそれぞれのケースに応じて請求金額を請求すれば問題ありません。

事実、そのような解釈で裁判をしてより大きなお金を手にした人もいます。しかし、実際にお金を支払う保険会社では必ずと言って良いほどこのような客観的な基準を作って参考にすることになるため、この点に関しては注意をしなくてはいけません。参考にする事例はありますが、それが全てというわけではないのです。納得がいかないときは最後まで話し合いを通すことが大事です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*