相続と弁護士の関係性

相続と弁護士の関係性ということですが、被相続人が死亡した後と死亡する前で異なってきます。死亡する前は、いわゆる相続対策が必要になってきます。事前に持ち分を協議したり、税金の金額についてシュミレーションしたりする作業です。あと、事前に遺言書を作成する業務もここに含まれます。

やはり、トラブルを避けるために、生前に、資産の持ち分割合や税金について十分協議する必要があります。亡くなってからでは遅いです。相続対策については、必ずしも弁護士さんのアドバイスは必要ありません。むしろ、行政書士さんや司法書士さん税理士さんからアドバイスを頂く方が有益です。

遺言書の書き方や、税金については、行政書士さんや司法書士さん税理士さんのほうが、よくご存じだからです。やはり弁護士さんは、訴訟が本来の一番の仕事であり、遺言書の作成を業務として扱われることが少ないからです。ましてや、税金に関しては、税理士さんが専門になります。それに、行政書士さんや司法書士さん税理士さんに相談するほうが費用が安くすみます。

ただ、死亡した後になりますと、弁護士さんに相談しなければなりません。ただ、やはり費用が多くかかります。なぜなら、一般的にタイムチャージで、費用を請求されるからです。よって、事前に疑問点を整理したりして、効率よく相談されることをこころがけるべきです。

それに、相続財産の中に、不動産や株式等があると、素人ではわからない事がとても多くなります。そういった場合には、やはり弁護士さんに相談すべきです。広島で相続のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*