弁護士に相続問題の処理を依頼するメリットは何か

弁護士に相続問題への介入を依頼すると、遺産の金額や依頼内容に応じて高額の費用を支払わなければなりませんが、その分メリットもいくつかあります。例えば、亡くなる前に遺言をのこしたい場合に依頼をすることで、法律的にも問題ない内容の遺言書をつくることができます。自分で遺言の内容を考えた場合、遺言に曖昧な内容が含まれていると、その部分の解釈を巡って争いがおきることがありますが、依頼してつくってもらうことで、自分の死後に残された家族の間で争い事になることを防ぐことにもつなげられます。また、遺産分割を実施する段階になって遺族間で争い事が起こった場合に、当事者の誰かが依頼すると、代理人となって交渉に立ち会ってくれたり、争点を整理したり、合意可能な妥協案を示してくれたりします。

遺産分割協議が不成立になると調停や審判に移行しますが、不成立に至る前に相続に詳しい弁護士に介入させることで、争いが長期化するのを回避することができます。弁護士による相続問題への介入は上記以外にも、遺産の調査や、遺留分の放棄を請求する場合、遺言無効確認訴訟を起こしたい場合、成年後見制度を利用したい場合など、法律で認められている範囲であればあらゆるケースで可能です。また、依頼するだけでなく、遺産の分割において分からない点や、どう手続きをすすめていけば良いかがわからない場合に、相続に詳しい弁護士に相談すると、停滞していた手続きを前進させられる可能性があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*