相続問題に困ったら弁護士に相談

人が亡くなると、相続が発生します。遺産を分割する事になりますが、財産の総額がどのくらいなのか、誰が受け取る対象となるのか、どのような割合にするか、というところで知識が必要であったりたり、意見が分かれたりするため、なかなか容易に進まない事が多いです。このような問題を対処する事ができるのは、弁護士です。弁護士に相続問題を依頼するメリットは、まず、面倒な手続きを全て代行してもらえる事です。

はじめに遺産の総額や相続人を把握しなければいけませんが、登記簿の取得や財産の紹介などが必要になります。また、遺産が分割された後も、様々な書類が必要となります。自分で全て行う事も可能ですが、手間が掛かりますし、ミスや漏れが出てしまう事もあります。弁護士がこれらを代行すれば、確実に、かつスムーズに手続きを進められます。

次に、遺産分割で意見が分かれた場合に、各自の意見を調整して、解決させる事ができるという事です。法定相続分は民法で定められていますが、様々な要因で綺麗に分割できない事はよくあります。法律に則って、第三者の視点からそれぞれの意見をまとめて、解決へ導く事ができます。そして、弁護士が気持ちの面でもサポートしてくれる事もメリットです。

相続は民法の知識が必要で、手探りで進めていくという人は少なくありません。しかも、人が亡くなった後で、精神的に不安になっている状態です。知識や経験が豊富な弁護士がついているだけで、気持ちの面でも安心して手続きが進める事ができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*