相続について弁護士に相談した方が良いケース

祖父母や父母が亡くなったというような際、また親戚などが亡くなったというような際には相続が発生することがあります。相続という言葉からすると好ましいもの、まるで財産を引き継げるもののようにも見えますが、実際にはそうではないことも多々あります。それに財産が絡めばトラブルも起きやすくなりますから、そうした際には弁護士に相談した方が良いケースもあるのです。では弁護士に相談をした方が良いケースとしてはどういったものがあるのかというと、まず「負の財産が相続対象となる」というような場合です。

故人が持っていた住宅や証券などは遺族に引き継がれる物としてイメージが強いのですが、同様に借金も対象となります。そして借金に関しては受け継がず、財産だけを受け継ぐという選択は出来ないわけですから、弁護士に相談して財産調査などをして適切な選択を決める必要があるのです。また「遺族間でトラブルに発展するケース」も相談した方が良いということになります。これは正の財産、住宅や証券などプラスの価値がある財産が多い時ほど問題になってきます。

遺族間でこれは誰がもらうのかというように口論になると、その遺族だけで幸福な結末を迎えるのはかなり困難です。そうした際には法律知識にたけた専門家であり、かつ公平な第三者の視点から仲裁をしてくれる弁護士が必要ということになるのです。もし相続が発生するというようになった場合には、その後のトラブルなどに備えて弁護士事務所を事前に探しておくとよいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*