遺産を限定して相続ができるように弁護士に相談をする

遺産を相続するときには遺産の考え方について勘違いをしてはいけないポイントが一つあります。それは、遺産として計算されている財産の中には価値のあるものとして限定されているものだけが含まれているわけではないということです。家族の中に亡くなった人がいる場合には、民法が定めるところによって家族の中で法律の割合分だけ遺産を分割することができます。実は、この遺産の中には相続における財産だけではなく借金のような全く財産とは関係のない負債もすべて含まれているのです。

そのため、亡くなった人の財産がほとんど存在せず、かわりに負債が多く存在して場合にはその負債を遺された家族がすべて支払わなくてはいけなくなります。相続をするときには安易に権利を行使する人もいるのですが、無駄な借金を背負わされる前にきちんと弁護士に相談をしておかなくてはいけません。弁護士に相談をすれば、亡くなった人が保有していた財産だけを都合よく継承することができる手続きをすることができるようになります。この手続きは限定承認といいますが、限定承認をすると支払う税金もその範囲内で納めることができるので細かい計算はしなくても良くなります。

限定承認の際の財産の計算の仕方は簡単で、財産が負債を上回ればその分だけ家族で継承して、負債が財産を上回れば各々の判断で権利を放棄することになります。権利を放棄する場合には、時効を期間を考えてきちんと期間までにその旨を弁護士に相談してから主張しなくてはいけません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*