相続関連で弁護士に依頼できる内容とは

相続関連の問題はトラブルになることが多く、特に法律関連に疎い一般人同士での話し合いではこじれてしまうことが少なくないようです。そのため、トラブルを事前に回避したりすでに起こってしまったトラブルを解決するという意味でも、弁護士という第三者を利用することが非常に重要なポイントとなっています。そのため弁護士も相続関連のトラブルでの依頼を請け負っていることが多く、紛争問題の解決のプロフェッショナルとして利用されています。では、実際に相続問題でどの範囲まで弁護士に依頼することが出来るのかというと、簡単にまとめると「遺産分割」「遺言・生前対策」があげられています。

遺産分割はその名前の通り、遺産を受け取る人達で公平に分割する作業のことを指しています。これは遺言書などがある場合はそちらが優先されることもありますが、なかった場合や特に記載がなかった場合は法律にのっとって公平に分割されるように手配してくれます。また、マイナスの遺産に関しての放棄や遺産全般の手続きなども代行してくれるので、わからないことは相談したり代行してもらうことが出来るようです。また、遺言に関しては生前に相談することで書き方や内容について教えてもらうことが出来ますし、意思を伝えておけば作成も代行してもらうことが出来ます。

ほかにも生前からトラブルが予想されることに対して対策を相談したり実際に実行してもらえるなど、トラブルを未然に防ぐという業務も依頼することが出来ます。広島で相続のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*