遺産相続には税金がかかります

生活していくには税金を払う必要があります。消費税など、品物を買った時に支払う税金や、固定資産税などの物を所有していると課税される税金などがあります。自分の親や兄弟がなくなると遺産相続が発生しますが、相続財産にも相続税がかかります。一定額以下の資産を相続した人には課税されませんし、借金などの負債がある場合にはその金額を差し引いて判断されます。

遺産相続は揉め事になることもありますし、手続き素人には難しかったりします。実際の遺産額がどれくらいなのか計算するのも困難です。現金や預貯金でしたら数えれば分かりますし、株や債券もその時の時価や売却益で判断できます。難しいのは不動産です。

金額も高額ですし、素人では今の価値を判断できません。遺産相続があった時には、普段はお付き合いがない、税理士や、司法書士、行政書士に依頼することも必要です。法律かというと専門家ですから敷居が高そうですし、依頼した時の手数料も適正価格なのか判断するのは難しいものです。これまで依頼した人から話を聞ければ、信頼できる先生なのか知ることができます。

知人に話を聞ける人がいない場合には、インターネットサイトの口コミ情報などを参考にしましょう。相続税は高額な税金です。中にはせっかく相続した住宅を売って税金を支払う必要もあります。税金以外の、各種手数料などは、少しでも節約できれば助かります。

今は親が元気でも、将来だれでも関係することです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*