交通事故における慰謝料の種類と算出基準

交通事故における慰謝料はその算出が難しく、しばしば争いの種になっています。その額を算出にはまず、慰謝料には2種類があることを知っていなければなりません。ひとつは入通院慰謝料で、交通事故で入通院をしなければならなくなった際に感じる患部の痛み、通院にかかる手間、検査やリハビリを繰り返す不快感などを含めた精神的苦痛に対して支払われるものです。その額は入通院の期間と怪我の程度に基づいて算出されます。

もうひとつは後遺障害慰謝料で、後遺症を残した場合の外見の醜さや生活への影響に対する精神的苦痛を慰めるために支払われるものです。こちらの金額は自賠責保険の後遺症14等級表に基づいて計算されるのが普通です。また、慰謝料の金額には自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがあり、どれを採用するかによってその金額は大きく変わってきます。自賠責保険は自動車を購入すると強制的に加入させられる保険で、そのため、支払われる額は入通院に対して最高120万円、常時介護が必要となる1級後遺症でも1100万円までと極めて低いものです。

この額が自賠責保険基準であり、それに対して、任意保険の会社が交通事故の状況と自賠責保険基準を参考にして算出したものが任意保険基準で、その額は保険会社によって開きがあります。任意保険基準によって算出された額は自賠責保険基準よりは高くなるのが普通ですが、それでも保険会社としてはなるべく払いたくないというのが本音なので低めに抑えようとする傾向があります。その金額に納得ができない場合、被害者側の弁護士が過去の判例などに基づいて金額を算出することになり、その額が弁護士基準です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*