遺産相続の分配は相続者同士で納得できることが大切

私には遺産相続に無縁と思っている人が多くいると思います。しかし、住んでいる家屋や土地、家族がいれば誰にでも遺産相続の問題が起こります。少ない遺産であっても分配する、家族が少なくても、遺産相続の問題は避けることができません。 特に、故人の高齢介護に係わる場合は、別名、遺産争族といえるようにややもすれば親族や兄弟同士が争いに発展しかねない根の深い問題となることがあります。

基本的には、故人の遺言状に基づいておこなわれます。ただし、この場合の遺言状は、法的な形式を十分に満たす必要があります。遺言状に少しでも不備があると争いの元となってしまいます。 相続で問題にされるのは、故人の意思のみを列記した遺言状は、法的な形式満たさない場合が多く不備が原因となっています。

遺産の分配は、相続者同士で納得できることが重要です。遺産の分配について話し合う遺産分割協議も相続する親族の主張、考え方の行きちが、争の原因となることが大半です。 基本的には、法的どおりの相続をおこなうべきですが、親族と故人の関係の強さによっては相続額でもめることも少なくありません。 特に、生前の故人とあまり関わっていなかった親族が多くの遺産を相続することになると、他の親族から不満が出るようになります。

遺産相続の問題は、これまで円満だった家庭や親族の間でも起こる可能性を秘めています。 相続額の大小にはかかわらず起こる問題ですので、遺族に負担を掛けないためにも相続問題が生じる以前に十分な対策を考えておくことです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*