遺産相続で大切な事とは

私達の生活では、何かしらの変化が日夜起きているのが自然の摂理でもあります。そして親族や両親などが存命なされている方々などにおいては、その変化の中に遺産相続という問題が発生するという事があると思います。遺産相続とは、亡くなった両親や親族の残した資産を、血縁者や実子が相続する事を言います。これはこれだけを聞けばシンプルな事柄とお思いの方々も居られると思いますが、注意すべき部分が多数あります。

その中でも如実に目立つものが2つあります。1つは「税金」で、もう1つは「資産ではなく負債」などの事柄です。遺産相続に対して「相続税」という税金がかかります。これは個々人により千差万別であり、正確に分かる事柄ではありません。

行政側の査定により請求される相続税などの把握は、会計士などの業種の方か、または行政の市役所などの相談センターなどに書類を纏めて持っていって、質問しておおよその額を把握していくなどのやり方へとなっていきます。そして相続税というのは、残された資産の物件と土地次第では、現金の資産などよりも多額の相続税へとなっていくケースもあり、相続税を払う為に借金をしなくてはならない、または相続破棄をしなくてはならない、というケースもあります。そして、「資産ではなく負債」というのは、残されたのが資産ではなく借金などであった場合には、遺産相続をしてしまった場合にはその借金も相続しなくてはならなくなってしまい、大きな負担となるケースです。これを防ぐには相続破棄をする必要があり、早期な対策が必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*